English translation will be shown by the side of the text.
Please click on the translation button again to cancel this mode.
*Some pages do not have this function.

テキストに英訳を併記します。このモードを解除する場合は、もう一度、翻訳ボタンをクリックしてください。
*対応していないページもございます。

OK

HOMETOYOTA CITY SHOWCASE出張MEGA WEB レポート

出張MEGA WEB レポート

モビリティの体験型テーマパーク メガウェブが、お台場を飛び出して、“出張メガウェブ”としてあなたの街へ。そのレポートをお伝えします。

トヨタ博物館でSDGsを考える(愛知県/トヨタ博物館)

2021/08/28(土), 29(日)

画像1
画像2 画像3

企画展「トヨタ博物館でSDGsを考える」を開催中のトヨタ博物館に、「出張MEGA WEB」してきました。
「燃料電池教室」を実施、水素から発電する仕組みを解説し、燃料電池で走るRCカーの操縦体験も行いました。小学校低学年のお子様の参加も多かったですが、親子で仲良く協力して参加されていました。
夏休み最後の土日だったこともあり、自由研究の課題にしているお子様も見かけました。教室での内容をメモを取りながら聞き、水素のメリットなどを自身でまとめ、終了後も質問するなど積極的な様子も!
企画展「トヨタ博物館でSDGsを考える」は10月17日(日)まで開催中です。詳しくはトヨタ博物館のホームページをご覧ください。

なみえ水素まつり(福島県/道の駅なみえ)

2021/08/22(日)

画像1
画像2 画像3

MEGA WEBでは、2015年から毎年トヨタの支援活動「ココロハコブプロジェクト」のひとつとして、東日本大震災で被災された岩手県、宮城県、福島県3県と共に、復興イベントを開催してきました。
イベント開催が難しい状況の中、福島県浪江町で行われる「なみえ水素まつり」に出張メガウェブとして参加しました。
小雨が降ったり止んだりのあいにくの天気でしたが、元気な子どもたちがたくさん来てくれました。
燃料電池教室は兄弟姉妹での参加が多く、特に高学年の子どもたちはメモを取りながら熱心に聞いてくれました。
FC-PIUSは、燃料電池教室と合わせて参加してくれる子や、何度もリピート乗車してくれる子も。また、3歳から乗れるSORAでは、乗る前に怖がっていた子が最後は楽しそうに笑顔を見せてくれました。

□主催:浪江町、住友商事(株)

スーパー耐久レース in オートポリス(大分県)

2021/07/31(土), 08/01(日)

画像1
画像2 画像3 画像4 画像5

スーパー耐久レース第4戦が行われた大分県のオートポリスに「出張MEGA WEB」してきました。
TOYOTA GAZOO Racingブースにて、「FC-PIUS」の試乗、「SORA」乗り込み体験/記念撮影を行い、夏休みということもあり多くのファミリーにご来場いただきました。
初日は晴天に恵まれ、暑い中でしたが約100名の方に試乗や乗り込みを楽しんでもらいました。
2日目は雨と霧の中でのスタートでしたが、午後は晴れてきて、雨で試乗できなかった子どもたちが続々と戻って来てくれました。
何度も乗りに来たり、「FC-PIUSにこのまま乗って帰りたい︕」と気に入ってくれたり、燃料電池の仕組みを興味深く聞いてくれたりと、元気な子どもたちでにぎわいました。

Save the future いたみ in イオンモール伊丹昆陽(兵庫県)

2021/07/17(土), 18(日)

画像1
画像2 画像3

伊丹市×イオンモール×ネッツトヨタ神戸による「移動手段の脱炭素化」「再生可能エネルギーの普及拡大」をテーマとした体験イベントに、MEGA WEBから「燃料電池教室」が出張しました。
イオンモール伊丹昆陽に来館した子どもたちご家族を対象に、1回15分の少し短い燃料電池教室を体験いただきました。買い物等に来た子どもたちでしたが、水素から発電する仕組みや燃料電池の解説がはじまるととても熱心に聞いてくれて、ご家族一緒に楽しい時間を過ごしてもらえました。

会場では他にも燃料電池車「MIRAI」の展示、2100年の天気予報、VR体験等があり、併せて楽しんでいる様子も見られました。

□主催:伊丹市
□協力:イオンモール(株)、ネッツトヨタ神戸(株)

いなべの企業と連携したSDGsワークショップ(三重県/にぎわいの森)

2021/06/06(日)

画像1
画像2 画像3

令和2年度に「SDGs未来都市」に選定されている三重県いなべ市。今回はいなべ市に工場を持つ地元企業 豊田合成と連携したSDGsワークショップとして「燃料電池教室」を行いました。

多くのご応募をいただき、3回開催・計30名の小学生に、水素から発電する仕組みや燃料電池について学んでもらいました。教室にはかなり積極的に参加いただき、楽しい時間を過ごせたようです。実車MIRAIの展示もあり、仕組みを学んだあとに見ることでより理解が深まりました。
また、今回の会場は、いなべ市役所横にある「にぎわいの森」。カフェやショップがあるだけでなく、貯留された雨水の再利用や地中熱を活用するなどSDGsの拠点となっていて、SDGsについて考えるきっかけにもなる場所です。

□主催:いなべ市
□協力:豊田合成(株)

FCV体感フェスタin YOKOHAMA(神奈川県/横浜市庁舎)

2021/04/29(木・祝)

画像1
画像2 画像3

2050年までに「脱炭素社会」の実現を目指す横浜市で、燃料電池自動車(FCV)を体験するイベントが開催され、メガウェブから「燃料電池教室」と「SORA」が出張しました。
当日はあいにくの雨でしたが、燃料電池のバスや自動車の展示もあり、多くのファミリーにご来場いただきました。
「燃料電池教室」では参加者の小学生だけでなく、同席した保護者の方も熱心に解説を聞いてくださいました。MIRAI RCカーの操縦は、最初は緊張した様子でしたが、上手く走るようになると楽しそうに操作していました。
近くでは、バスと同じく燃料電池で走る一人乗り「SORA」の試乗も行い、燃料電池教室参加者の弟さん妹さんも多く参加してくれました。
参加した子どもたちの満足そうな笑顔が印象的なイベントでした。

▼「FCV体感フェスタ」の様子を動画でご覧いただけます
(外部リンク) https://toyota-kami7.jp/suiso/fcv_festa/

□主催:横浜市
□協力:神奈川県オールトヨタ販売店

SDGs燃料電池を学ぼう@港区立みなと科学館(東京都/港区立みなと科学館)

2021/04/01(木), 02(金)

画像1
画像2 画像3

東京都・港区立みなと科学館で開催された「SDGs 燃料電池を学ぼう」に「燃料電池教室」が出張しました。
事前予約が満枠になる人気で、小学生の皆さんに水素から発電する仕組みや燃料電池について楽しく学んでもらうことができました。
新型MIRAIの展示もあり、仕組みを学んだあとに実車を見ることで、より知識を深めてもらえたと思います。
参加いただいた方は皆熱心に話を聞いてくれて、メモを取っているお子様もいました。
クイズで内容を確認した時も、みんな積極的に答えてくれて、興味津々の様子がスタッフにも伝わってきました。

□主催:港区立みなと科学館
□協力:トヨタモビリティ東京(株)

次世代自動車フェスティバル(福井県/福井市にぎわい交流施設「ハピテラス」)

2021/03/27(土)

画像1
画像2 画像3

福井駅西口にある福井市にぎわい交流施設「ハピテラス」で行われたイベントに「燃料電池教室」が出張しました。少し風は強かったですが、さわやかな晴天!
イベントタイトルの通り、各メーカーのクルマが並び、トヨタの新型MIRAIも展示がありました。福井県に4月に水素ステーションがオープンするということもあり、燃料電池に興味を持たれた方も多かったようです。
小学校低学年のお子様も多く参加されましたが、保護者の方と一緒に水素から発電する仕組みや燃料電池について楽しく学んでもらうことが出来ました。 新型になったRCカーは、お子様に操縦してもらうのは今回のイベントが初!熱心に操縦してくれました。

□主催:福井県
□協力:福井トヨペット(株)、他

TOYOTA presents アルバルク東京ホームゲーム(東京都/アリーナ立川立飛)

2021/03/20(土), 21(日)

画像1
画像2 画像3 画像4

男子プロバスケットボールチーム「アルバルク東京」のホームゲームに燃料電池で走る「RCカー」が応援に行きました!
メガウェブの燃料電池教室でも使用しているRCカーですが、新型にモデルチェンジ。
そのお披露目にもなった今回のイベントでは、長さ2メートルのアルバルク東京フラッグをつけてコートを走行し、選手にエールを送りました。 観客席からも、走り回るRCカーを多くの方にご覧いただきました。
さらに、2日目はアルバルク東京のマスコットキャラクター ルークが操縦!とても上手に操縦してくれて、楽しく遊んでもらいました。
写真提供:アルバルク東京


□主管:アルバルク東京

Page top