English translation will be shown by the side of the text.
Please click on the translation button again to cancel this mode.
*Some pages do not have this function.

テキストに英訳を併記します。このモードを解除する場合は、もう一度、翻訳ボタンをクリックしてください。
*対応していないページもございます。

OK

ホームヒストリーガレージレストアピット便り

レストアピット便り RESTORE PIT REPORT

レストアピット便り

レストアピット便りでは、レストアピットから届いた旬の情報を配信しています。レストア工程の紹介からイベント情報・レストアカー展示情報まで、レストアピットファン必見のコンテンツ盛りだくさんでお届けします。

レストアピットとは
レストアピットではかつての名車を部品一つ一つまで分解し、復元、新車時の性能と美しい内外装を匠の業で蘇らせます。板金担当は、トヨタの販売店のサービススタッフを指導した先生、整備担当はトヨタ2000GT 世界スピードトライアル時のメカニック等の経験者およびヒストリックカーの整備熟練者で腕は折り紙付きです。

2016.10.21

前回まるでただの鉄板のようなレストア中の『シトロエン』を紹介しましたが、アンダーコートを施してやっとクルマらしく?なってきました。
耐チップ塗装は、独特のざらつきが思わず触りたくなる感じがします。
http://www.megaweb.gr.jp/area/historic/restore_pit.html

2016.10.13

現在レストア中の、トヨタ博物館車両『シトロエン』です。

部屋に入ると、90度回転した状態でおいてあるので「クルマ!?」と思われる方も多いようです。でこぼこになっていた車の下まできれいに少しずつ直していきます。きれいな状態でお披露目できるまではまだ時間がかかりそうですが、ぜひ見守ってください。
http://www.megaweb.gr.jp/area/historic/restore_pit.html

2016.8.25

「ヒストリックカー同乗試乗会」開催1日目。
トヨタ2000GT、日産スカイラインGT-R、フェラーリディーノ、キャデラックシリーズ62、アルファロメオ1600スパイダーデュエット、デロリアン、カローラレビン、コルベットスティングレーの8台が、青空の下を走行しました。

途中デロリアンが調子を崩した時間もありましたが、その後レストアピットで修復し現在も走行しております。明日8/26(金)まで開催です。
http://www.megaweb.gr.jp/article/historiccar2016/

もっと見る

PAGE TOP