English translation will be shown by the side of the text.
Please click on the translation button again to cancel this mode.
*Some pages do not have this function.

テキストに英訳を併記します。このモードを解除する場合は、もう一度、翻訳ボタンをクリックしてください。
*対応していないページもございます。

OK

ホームヒストリーガレージヒストリーガレージ2Fヒストリックカーコレクション

ヒストリックカーコレクション

ノスタルジックに再現された街に1950~70年代を中心とした世界のヒストリックカーを展示しています。街角に映し出される映画やCMのなかのクルマにも注目!!

ヒストリックカーコレクション

50~70年代、クルマの黄金時代をつくった名車の数々のうち20~25台を街並にとけ込むように展示しています。また1階のレストアピットではマエストロ(匠)による名車のレストア(復元)作業をご覧いただけます。散歩しながら見るもよし、カフェでくつろぎながら名車のある風景にひたるもよし、ゆったりと流れる時間をお楽しみください。

※入替やメンテナンスのため、ご覧いただけない場合がございます。

展示車両リスト(日本車)

トヨペット クラウン RS41

日本 1963年式

トヨペット クラウン RS41
Toyopet Crown RS41

トヨペット クラウン RS41

トヨペット クラウン RS41
Toyopet Crown RS41

日本/トヨタ自動車/1963年式

初代のRS型クラウンで日本の高級車市場を開拓したトヨタが、1962年に発表したのが2代目クラウン。4灯式のヘッドライトやスマートなスタイルは、それまでの古くさいアメリカ車のものまねから脱皮した日本独自の洗練されたデザインとして高く評価された。高速走行性能も大きく改善され、最高速度は当時トップクラスの時速140キロを誇った。

トヨタ パブリカコンバーチブルUP10S

日本 1965年式

トヨタ パブリカコンバーチブルUP10S
Toyota Publica Convertible

トヨタ パブリカコンバーチブルUP10S

トヨタ パブリカコンバーチブルUP10S
Toyota Publica Convertible

日本/トヨタ自動車/1965年式

パブリカは、60年代にトヨタの最もベーシックなモデルとして誕生。その名の通り当時、通産省が打ち出した国民車構想に従って開発されたパブリックカー、つまり日本国民の誰でもが買えるクルマを目指したものである。名前は100万通を超える一般公募で決定した。コンバーチブルモデルは、パブリカをベースに作られたオープンスポーツモデル

トヨタ 1600GT RT55

日本 1967年式

トヨタ 1600GT RT55
Toyota 1600GT RT55

トヨタ 1600GT RT55

トヨタ 1600GT RT55
Toyota 1600GT RT55

日本/トヨタ自動車/1967年式

コロナハードトップ1600Sをベースにレース用に企画され、各地のサーキットにその姿を現した。当時まだ珍しかったDOHCの4気筒エンジンを搭載し、5速トランスミッションは2000GTと同じものを使用した。2000GTの弟分というべき本格的な高性能ツーリングカー。生産は約1年と短いため絶対量が少ない幻のクルマ。

トヨタ スポーツ 800 UP15型

日本 1965年式

トヨタ スポーツ 800 UP15型
Toyota Sports 800

トヨタ スポーツ 800 UP15型

トヨタ スポーツ 800 UP15型
Toyota Sports 800

日本/トヨタ自動車/1965年式

「ヨタハチ」の愛称で知られ、1962年の第9回東京モーターショーに参考出品されたプロトタイプ、パブリカスポーツを市販用にしたモデルである。軽くてスマートなボディは、45馬力のエンジンでも最高速155キロが可能。ルーフも取り外しが可能なディタッチャブルトップが採用され、天気の良い日にはオープンエアモータリングが楽しめた。

トヨタ 2000GT MF12

日本 1967年式

トヨタ 2000GT MF12
Toyota 2000GT MF12

トヨタ 2000GT MF12

トヨタ 2000GT MF12
Toyota 2000GT MF12

日本/トヨタ自動車/1967年式(輸出仕様)

わずか337台しか生産されなかったトヨタ2000GT。その美しいスタイルが人気を呼び、007シリーズ「007は二度死ぬ」の主役ジェームス・ボンドの愛車ボンドカーとして登場、世界的に有名なクルマとなった。高性能なエンジンと優れた空力特性で、最高時速は220キロも出たといわれている。性能面でも世界トップクラスのスポーツカーであった。

トヨペット クラウン MS51

日本 1969年式

トヨペット クラウン MS51
TOYOPET Crown MODEL MS51

トヨペット クラウン MS51

トヨペット クラウン MS51
TOYOPET Crown MODEL MS51

日本/トヨタ自動車/1969年式

イメージキャラクターの「山村 聡」と「白いクラウン」のキャッチコピーで有名な3代目クラウン。その3代目クラウンがハイオーナーカー志向に応えるため、5人がゆったりと座れる新しいタイプの乗用車として追加したのが、この2ドアモデル「クラウンハードトップSL」である。

トヨタ カリーナ 1600 デラックス

日本 1970年式

トヨタ カリーナ 1600 デラックス
Toyota Carina Deluxe 1600

トヨタ カリーナ 1600 デラックス

トヨタ カリーナ 1600 デラックス
Toyota Carina Deluxe 1600

日本/トヨタ自動車/1970年式

カローラとコロナの中間に位置する小型スポーティセダンとしてデビューしたのが初代カリーナ。セリカと共通のメカニズムも多く採用され、エンジンは新開発の1400ccと1600ccの2種類がラインナップされた。発表の翌年にはDOHC115馬力の高性能エンジンを積んだ1600GTが追加、スポーティ指向の若いドライバーの人気を呼んだ。

トヨタ スプリンタートレノ TE27

日本 1973年式

トヨタ スプリンタートレノ TE27
Toyota Sprinter Trueno TE27

トヨタ スプリンタートレノ TE27

トヨタ スプリンタートレノ TE27
Toyota Sprinter Trueno TE27

日本/トヨタ自動車/1973年式

セリカと同じ1600ccのDOHCエンジンを搭載して登場。セリカより100キロ軽いトレノの最高速は190キロ、ゼロヨンは16.3秒と当時のひとクラス上のスポーツカーにも引けを取らない高性能を発揮し、加速性能ではセリカを上回っていた。外観上の特徴はオーバーフェンダーで、競技用の太いタイヤを履くことが最初から考えられていた。

トヨタ セリカ LB 1600GT TA27

日本 1974年式

トヨタ セリカ LB 1600GT TA27
Toyota Celica LB 1600GT TA27

トヨタ セリカ LB 1600GT TA27

トヨタ セリカ LB 1600GT TA27
Toyota Celica LB 1600GT TA27

日本/トヨタ自動車/1974年式

スペシャリティカー(純粋なスポーツカーではないが、スポーティな運転が楽しめるクーペタイプのクルマ)という新しいジャンルを日本のマーケットに作り出したのが、初代セリカである。幅広いオプションパーツを用意し、ユーザーが自分だけのセリカを作ることが出来る「フルチョイス・システム」が大きな特徴だった

トヨタ ソアラ 初代 2800GT MZ11

日本 1981年式

トヨタ ソアラ 初代 2800GT MZ11
Toyota Soarer 2800GT MZ11

トヨタ ソアラ 初代 2800GT MZ11

トヨタ ソアラ 初代 2800GT MZ11
Toyota Soarer 2800GT MZ11

日本/トヨタ自動車/1981年式

80年代の高性能車ブームの火付け役が初代ソアラ。BMWやベンツSL系と肩を並べられる、操縦性や安定性に対する高速性能を持つクルマとして仕上げられ、クーペスタイルでありながら明るいキャビンや伸びやかなウェストラインが新鮮な魅力となり、爆発的な人気を博した。液晶デジタルメーターはその後の流行を先取りしたアイテムだった。

トヨタ カローラレビン GTV (AE86)

日本 1984年式

トヨタ カローラレビン GTV (AE86)
TOYOTA Corolla Levin GTV (AE86)

トヨタ カローラレビン GTV (AE86)

トヨタ カローラレビン GTV (AE86)
TOYOTA Corolla Levin GTV (AE86)

日本/トヨタ自動車/1984年式

「AE86」は1972年3月に初代「カローラレビン」の「TE27」が世に出てから約10年後の1983年にデビュー。FRの駆動方式と1トンを切り軽い車体がもたらす「クルマを操る楽しみ」に加え吹け上がりに定評がある「16バルブDOHC 1.6リッター(4A-GEU型)エンジン」豊富なアフターマーケットパーツなどで20年以上の歳月を経た今なおその人気は根強く、人気コミック「頭文字(イニシャル)D」や「D1グランプリ」の活躍でファンを魅了している。

ホンダ S800 コンバーチブル AS800C

日本 1966年式

ホンダ S800 コンバーチブル AS800C
Honda S800 Convertible AS800C

ホンダ S800 コンバーチブル AS800C

ホンダ S800 コンバーチブル AS800C
Honda S800 Convertible AS800C

日本/本田技研工業/1966年式

ホンダが初めて生産した四輪車のひとつがSシリーズと呼ばれるミニスポーツカー。排気量は初期の500cc、続いて600cc、そして最終型の800ccとなり、トヨタの「ヨタハチ」とともにホンダの「エスハチ」として知られていた。初期モデルのリアアクスルにチェーン駆動が採用されていたのも、いかにもオートバイメーカーでもあるホンダらしいアイデアだった。

日産 ブルーバード 1600SS P510

日本 1970年式

日産 ブルーバード 1600SS P510
Nissan Bluebird 1600SS P510

日産 ブルーバード 1600SS P510

日産 ブルーバード 1600SS P510
Nissan Bluebird 1600SS P510

日本/日産自動車/1970年式

トヨタ コロナの最大のライバル、ダットサン ブルーバード。3代目の510型は、デザインを一新してデビューした。ボディはスーパーソニックラインと呼ばれる鋭角的な直線をモチーフにデザインされ、三角窓も廃止されたすっきりとしたスタイル。乗り心地の優れた四輪独立懸架方式のサスペンションも採用された。

日産 スカイライン 2000GT-R KPGC10

日本 1970年式

日産 スカイライン 2000GT-R KPGC10
Nissan Skyline 2000GT-R KPGC10

日産 スカイライン 2000GT-R KPGC10

日産 スカイライン 2000GT-R KPGC10
Nissan Skyline 2000GT-R KPGC10

日本/日産自動車/1970年式

羊の皮をかぶった狼、それがスカイライン2000GT-R。コーナリング性能を高めるために、スカイライン・シリーズ初のハードトップモデルとして作られた。「箱スカ」の愛称で親しまれたGT-Rは自動車少年たちの憧れであり、多くの現役トップドライバーがGT-Rのカッコよさに惹かれてレースの道に入ったのである。

日産 フェアレディZ 432 PS30

日本 1971年式

日産 フェアレディZ 432 PS30
Nissan Fairlady Z 432 PS30

日産 フェアレディZ 432 PS3

日産 フェアレディZ 432 PS30
Nissan Fairlady Z 432 PS30

日本/日産自動車/1971年式

1969年にデビューしたスタイリッシュな2シータースポーツクーペ、フェアレディZシリーズ。エンジンは、レーシングカーR380のS20型2リッター DOHCをディチューンして搭載。最高速度は210キロ。この初代フェアレディZシリーズは、ダットサン240Zの名前で輸出され、特にアメリカで非常に高い人気を獲得した。

マツダ コスモスポーツ L10

日本 1971年式

マツダ コスモスポーツ L10
Mazda Cosmo Sport L10B

マツダ コスモスポーツ L10

マツダ コスモスポーツ L10
Mazda Cosmo Sport L10B

日本/東洋工業(現マツダ)/1971年式

ドイツのNSUとの技術提携で生まれたロータリーエンジンを搭載したマツダ初の本格スポーツカー。コンパクトながら高い出力を得ることが出来るロータリーエンジンは、重量バランスが重視されるスポーツカーには理想的なエンジンだった。コスモスポーツはやがてRX-7へと発展し、現在でも多くのロータリーエンジンファンに愛されている。

いすゞ 117 クーペ PA90

日本 1971年式

いすゞ 117 クーペ PA90
Isuzu 117 Coupe PA90

いすゞ 117 クーペ PA90

いすゞ 117 クーペ PA90
Isuzu 117 Coupe PA90

日本/いすゞ自動車/1971年式

美しいスタイリングでファンを魅了した高級ツーリングカー、いすゞ117クーペ。デザインを担当したのは、当時カロッツエリア・ギア社の若手有望デザイナーであったジョルジオ・ジウジアーロ。木目仕上げのインストルメントパネルをはじめとした内装も高級感にあふれ、その性能とあいまって上級オーナーやマニアに受け入れられた。

ダットサン 1000トラック G222型

日本 1960年式

ダットサン 1000トラック G222型
DATSUN 1000 Truck Model G222

ダットサン 1000トラック G222型

ダットサン 1000トラック G222型
DATSUN 1000 Truck Model G222

日本/日産自動車/1960年式

苛酷な長距離耐久ラリー、1958年のオーストラリア・ラリーでクラス優勝の快挙を果たしたダットサン210型セダンをベースにして作られた小型トラック。エンジンはC型と呼ばれる1000cc 34馬力OHVエンジンが搭載されていた。耐久性をアピールするため、カタログのコピーも1958年のオーストラリア・ラリーでの活躍が引用されていた。

展示車両リスト(外国車)

キャデラック シリーズ 62

アメリカ 1959年式

キャデラック シリーズ 62
Cadillac Series 62

キャデラック シリーズ 62

キャデラック シリーズ 62
Cadillac Series 62

アメリカ/GM/1959年式

キャデラックとは、18世紀にデトロイトの町を開拓した人物の名前。その栄光の名前を持ったクルマは、1902年の創業当時から高い品質がセールスポイントだった。1959年モデルは、50年代のアメリカの高級デザインの典型と言われ、当時の豪華志向、未来志向が凝縮されている。パワーウィンドウが音もなく開閉できるなどクオリティの高さも賞賛された。

GM シボレーインパラ

アメリカ 1959年式

GM シボレーインパラ
GM Chevrolet Impala

GM シボレーインパラ

GM シボレーインパラ
GM Chevrolet Impala

アメリカ/GM/1959年式

飛行機のコックピットのような計器盤、リヤドアに付けられたミサイルのようなオーナメント、戦闘機を思わせるフロントウィンドウ。こうした近未来的なデザインは当時、NASA(アメリカ航空宇宙局)が開始した宇宙探査への関心の高さが大きな影響を与えているといわれている。1960年に年間50万台近い売り上げを記録した不朽のベストセラー。

GM シボレーコルベットスティングレイ

アメリカ 1963年式

GM シボレーコルベットスティングレイ
GM Chevrolet Corvette Stingray

GM シボレーコルベットスティングレイ

GM シボレーコルベットスティングレイ
GM Chevrolet Corvette Stingray

アメリカ/GM/1963年式

アメリカのスポーツカーデザインの輝かしい1ページを飾るクルマ。そのデザインは当時、世界的にも最も前衛的なスタイルといわれたほど。ボディに使われている素材も初代モデルから引き継がれたグラスファイバー製と、アメリカの量産車としてはユニークなものだった。このため、「プラスチック・ファンタスティック」と呼ばれたのである。

フォード マスタング コンバーチブル

アメリカ 1964年式

フォード マスタング コンバーチブル
Ford Mustang Convertible

フォード マスタング コンバーチブル

フォード マスタング コンバーチブル
Ford Mustang Convertible

アメリカ/フォード/1964年式

当時のフォード副社長リー・アイアコッカによって産み出された、若者でも買える比較的値段の安いスポーティなクルマ。多くの若者たちに瞬く間に普及し、 60年代を通じて毎年50万台以上が販売される驚異的な記録も残した。初期のモデルは2700ccから始まり、7000cc/375馬力というモンスターエンジンを搭載したモデルも作られた。

デロリアン DMC-12

アメリカ 1981年式

デロリアン DMC-12
De Lorean DMC-12

デロリアン DMC-12

デロリアン DMC-12
De Lorean DMC-12

アメリカ/デロリアン/1981年式

映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」に登場するタイムマシンとして有名。GM副社長だったジョン・ザッカリー・デロリアンが企画し、シャーシはロータスが、スタイリングはジウジアーロが担当。特徴であるガルウィングドアとステンレス製ボディが大きな話題となったが、ドアが事故の時に開かなくなるという噂が流れ、1年で姿を消してしまった。

フィアット 500D

イタリア 1962年式

フィアット 500D
Fiat 500 D Nuova

フィアット 500D

フィアット 500D
Fiat 500 D Nuova

イタリア/フィアット/1962年式

イギリスのミニよりさらに7.6センチ短いボディに、大人4人が乗るスペースを確保したクルマ。しかもミニよりデビューは2年も早い。イタリアでは他の 500ccのクルマと区別するため、ヌオーヴァ・チンクエチェント(新しい500)という名前が付けられ、爆発的な人気を博した。1957年から18年間でおよそ300万台が生産された。

アルファロメオ 1600 スパイダー・デュエット

イタリア 1966年式

アルファロメオ 1600
スパイダー・デュエット
Alfa Romeo 1600 Spider Duetto

アルファロメオ 1600 スパイダー・デュエット

アルファロメオ 1600 スパイダー・デュエット
Alfa Romeo 1600 Spider Duetto

イタリア/アルファロメオ/1966年式

ピニンファリーナがデザイン・生産を担当する1600Spiderは、Giulia系のコンポーネンツを使用した2シータースポーツ。個性的なイカの骨スタイルのテールや凸面状としたサイドの意匠などは、Alfaの歴代オープントップ・Spiderを代表する存在たらしめている。デュエットからスタートしたSpiderは、延べ26年間も生産された。また、マイク・ニコルズ監督/ダスティン・ホフマン主演の映画「卒業」に出演したことから、アメリカを含む世界中にその名を知られることになった。

メッサーシュミット

ドイツ 1954年式

メッサーシュミット
Messer Schmitt

メッサーシュミット

メッサーシュミット
Messer Schmitt

ドイツ/メッサーシュミット/1954年式

第二次世界大戦中、数多くの戦闘機や爆撃機を製造したドイツの有名な飛行機メーカー、メッサーシュミット社が、1953年から約10年間生産したユニークなキャビンスクーター。三輪でタンデム二人乗り、200ccに満たないエンジンながら最高速は95キロも出たという。バックギアが付いておらず、エンジンを逆回転させて後退する。

ポルシェ 356

ドイツ 1954年式

ポルシェ 356
Porsche 356 coupe

ポルシェ 356

ポルシェ 356
Porsche 356 coupe

ドイツ/ポルシェ/1954年式

356とは、ポルシェ・デザイン・オフィスにおける「356番目のプロジェクト」を意味する。父のフェルディナンド・ポルシェ博士が設計したフォルクスワーゲンを基に、息子のフェリー・ポルシェが作ったスポーツカーで、1948年に登場。空冷エンジンをリアに積んだエアロダイナミックボディは、当時としては、ずば抜けた操縦安定性で話題となった。

BMW イセッタ

ドイツ 1960年式

BMW イセッタ
BMW Isetta

BMW イセッタ

BMW イセッタ
BMW Isetta

ドイツ/BMW/1960年式

第二次世界大戦で工場などの多くを失い倒産寸前の状態にあったドイツのBMWが、イタリアのイソ社とライセンス生産契約を結び、独自の改良を加えて販売。ドアはフロントの一枚だけの二人乗りで、三輪と四輪のモデルが製作された。ガラス部分が大きく、シャボン玉に似た丸いカタチから「バブルカー」の愛称で親しまれたユニークなクルマ。

メルセデスベンツ 280 SL

ドイツ 1971年式

メルセデスベンツ 280 SL
Mercedes-Benz 280 SL

メルセデスベンツ 280 SL

メルセデスベンツ 280 SL
Mercedes-Benz 280 SL

ドイツ/ダイムラーベンツ/1971年式

50年代を代表するスポーツカー、300SLを生み出したメルセデス ベンツから、より多くの人が楽しめるように設計されたシリーズのひとつ。脱着式ハードトップのカタチを特徴とし、正面から見ると仏教寺院の屋根のように真ん中が低くなっているため、「パゴダ・ルーフ」と呼ばれた。端正で美しいデザインは、60年代の高級ヨーロピアンスポーツを代表する一台である。

MG TC

イギリス 1945年式

MG TC
MG TC

MG TC

MG TC
MG TC

イギリス/MG/1945年式

1945年に戦前のTBとほぼ同じ型で発売された戦後のMG最初のモデル。1949年までに約1万台が生産され、ヨーロッパに進駐したアメリカ兵によって多くがアメリカへ持ち帰られアメリカでのMGの名を一気に高めたと言われている。わずか1250ccという小排気量ながら、小さな車体、軽い車重、短いホイールベースなどにより軽快な操縦性を示すスポーツカー。

ジャガー Eタイプ ロードスター

イギリス 1967年式

ジャガー Eタイプ ロードスター
Jaguar E-Type Roadster

ジャガー Eタイプ ロードスター

ジャガー Eタイプ ロードスター
Jaguar E-Type Roadster

イギリス/MG/1967年式

イギリスの60年代を代表する美しいスポーツカーであり、50年代にルマン24時間レースで活躍したレーシングジャガーDタイプの血を引くモデル。最高速度235キロは当時のトップクラス、しかも値段は一番安いフェラーリの1/3で買えるというコストパフォーマンスにも優れ、アメリカで爆発的な人気を獲得した。総生産台数は約7万2千台

ヴァンデン プラス プリンセス 1300

イギリス 1971年式

ヴァンデン プラス プリンセス 1300
Vanden Plas Princess 1300

ヴァンデン プラス プリンセス 1300

ヴァンデン プラス プリンセス 1300
Vanden Plas Princess 1300

イギリス/ヴァンデン プラ/1971年式

普段はロールスロイスなどに乗る人が、混雑するロンドン市内で足代わりに使うために小型高級車として開発されたのが、ヴァンデン プラス プリンセス。内装に本革やウォールナットを惜しげもなく使用し、ハイドロラスティックと呼ばれるサスペンション方式採用による非常にフラットな乗り心地も、上流階級の人々に愛された理由である。

ロータス エラン S4

イギリス 1972年式

ロータス エラン S4
Lotus Elan S4

ロータス エラン S4

ロータス エラン S4
Lotus Elan S4

イギリス/ロータス/1972年式

ロータス エランの最大の特徴は、スポーツカーとして最も大切な優れたハンドリングの性能。ボディをグラスファイバー製にして、重量を軽く仕上げることで高性能を実現した。そのため1600ccながら最高速度は185キロを誇る。コンパクトな外観に似合わずラゲージスペースも充分にあるため、ツーリングカーとしても高い人気を得た。

シトロエン トラクシオンアバン 11B

フランス 1953年式

シトロエン トラクシオンアバン 11B
Citroen Traction Avant 11B

シトロエン トラクシオンアバン 11B

シトロエン トラクシオンアバン 11B
Citroen Traction Avant 11B

フランス/シトロエン/1953年式

シトロエン7Aの上級バージョンとして1937年に発表され、世界で初めて大量生産された前輪駆動車だったことから、トラクシオン・アバン(フランス語で前輪駆動の意味)の愛称で親しまれた11B。第二次世界大戦で一時生産を停止した時期もあったが、フランス以外でもヨーロッパ5カ国の工場で作られ、23 年間にわたり75万台が生産された。

シトロエン 2CV

フランス 1988年式

シトロエン 2CV
Citroen 2CV 6Special

シトロエン 2CV

シトロエン 2CV
Citroen 2CV 6Special

フランス/シトロエン/1988年式

籠一杯のタマゴを割らずに荒れた農道を走れる優れた乗り心地、山高帽をかぶったままでも乗れる広い室内。この2つの条件を付けて当時のシトロエン副社長、ブーランジェは2CVの設計を始めた。1990年に最後の2CVが出荷されるまでの42年間、基本的なスタイルを変えることなく、およそ390万台が作られるという大変に寿命の長いクルマとしても有名。

ルノー 4L GTL

フランス 1988年式

ルノー 4L GTL
Renault 4L GTL

ルノー 4L GTL

ルノー 4L GTL
Renault 4L GTL

フランス/ルノー/1988式

フランスの自動車メーカー、ルノーがシトロエン2CVに対抗して開発した、経済性と実用性を徹底的に追及したモデル。決してスピードは出ないが、大量の荷物を積んでも確実に目的地に到着することから、「フランスのロバ」という愛称も持っていた。現在のワゴン型ボディを持った乗用車のルーツでもある。

PAGE TOP